アンプルール 赤くなった

【ショック!】アンプルールを使用して肌が赤くなった!コレ大丈夫?


アンプルールはシミ改善効果が期待できる、シミや顔全体の美白ケアに特化して研究し、開発されたスキンケア化粧品。シミの消しゴムと異名の名を持つほど効果が高い美白スキンケアコスメです。

 

 

アンプルールのシミ効果は絶大で、口コミはみるみる広がり、各メディアや雑誌に特集を組まれる程。

 

ベストコスメ賞なども受賞しているほど人気が高いスキンケア化粧品です。

 

 

 

 

そんな私も、アンプルールでシミ解消した一人です。
アンプルールを使う前の私の頬のシミってすごかったんですよね。本当コンプレックスで仕方ありませんでした。

 


アンプルールはシミ改善効果が期待できるとの事。

 

 

アンプルールには、ハイドロキノンという、ビタミンCやコウジ酸、アルブチンの美白効果の100倍の効果があると言われています。

 

 

そんなシミの消しゴムアンプルール。
継続使用をしてみるとここまでシミが改善されました。旦那や、娘も肌が綺麗になったと驚いている始末。
ここまで効果があるなんて思ってませんでしたから。

 

シミが薄くなったらいいな〜程度に考えていました。

 

まだ少しシミがうっすら残っているので、もう少し継続使用をしているとすっかり綺麗になるな~♪とわくわくして毎日を過ごしています。

 

 

今回は、アンプルールを使用して、肌が赤くなった時があったんです。
その時のお話をしましょう。
使用を気をつければ、アンプルールで赤みが出たり痒みが出たりする事は一切ありません。

 

一部の人(アンプルール自体、肌と相性が合わない人)は、アンプルールは肌に合わない場合もありますので、使用前は必ずパッチテストを行ってから使用をする事をオススメします。特に特殊肌や敏感肌の人。

 

 

アンプルールを使用して赤くなった!?これって炎症?肌に合わないって事??

私は、アンプルールの使用は、トライアルセットから始まりました。

 

トライアルセットを使用して、翌日、なんだか乾燥が気になりました。
いつも保湿力が高い、肌の水分保持機能を改善する米肌を使用していましたから、アンプルールの保湿力は弱いなと感じていましたね。

 

 

そして、使用2日目には、肌がかさつき、赤みと痒みが出てしまいました。
これはいかんと思い、米肌を併用してアンプルールの使用を継続してみると、全く問題なく使用できました。

 

 

アンプルールをどうしても使ってみたったんですよね。
肌に合わない場合は仕方ないなと考えていましたが、肌が赤くなるという事と、痒みや乾燥症状が出ているという事は、保湿が足りていないという事。保湿を足せば問題なく使用ができました。

 

 

私的には、アンプルールには保湿力が足りないと感じます
そして、乾燥肌や敏感肌の人は、アンプルールを使用の際は、特に保湿を気をつけて使用をしていかないとトラブルになりかねないという事を知っておいて欲しいのです。

 

 

敏感肌や乾燥肌の人で、これからアンプルールを使用をしていく人は、トライアルセットを使用して乾燥が気になったらすぐに、手持ちの保湿化粧品を使用して保湿力を高めてあげてください。そうする事でアンプルールで肌荒れしたり、赤くなったりするトラブルは防げると思います。

 

 

 

ちなみに私は、アンプルールはライン使いではなく、単品使いをしてシミ対策をしています。

 


こちらは、アンプルールのシミケアの中でも爆発的人気の、ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110というシミスポット集中美容液です。

 

 

 

これを洗顔後すぐに、気になるシミに塗り込み、そしていつものスキンケアをしていますね。
肌トラブルは最初のトライアルセットを使用してライン使いしていた時に少し赤みが出た位で、あとは問題なく使用を継続できています。私には、アンプルールのライン使いは合わなかったようですヾ(。>?<。)ノ

 

 

アンプルールトライアルセットを試してみて、自分はライン使いしても問題ないのか?ライン使いではなく単品使いの方がいいのか?をお試し期間中に見極めて、アンプルールを継続していってください。
本当、シミ解消や顔全体の美白ケアには継続使用していきたいスキンケア化粧品なので、肌に合わないから使用をやめるのではなく、継続していく自分に合った使用方法を見つける事で、アンプルールで美肌はGETできますから^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

page top