アンプルールほうれい線

【ショック】アンプルールはぶっちゃけほうれい線には効果がないです。

 


アンプルールは、シミに悩む女性や、顔全体の美白ケアに最適なスキンケア化粧品。

 

 

アンプルールはドクターズコスメです。
皮膚科医の、高瀬聡子先生が開発したスキンケア化粧品。
そして、アンプルールにはハイドロキノンという最強美白成分が配合されて作られています。

 

 

ハイドロキノンとは???

ハイドロキノンとは、美白成分の事。
巷で美白効果があると言われているビタミンCやコウジ酸、アルブチンの100倍もの美白効果があると言われています

 

ハイドロキノンは、2001年の薬事法改正まで、あまりの美白効果が高い成分がゆえ、医師の処方がないと使えない成分でしたが、薬事法緩和により化粧品にも使用ができるようになりました。
しかし、ハイドロキノンは効果が高い成分で、副作用もあり、使用者は定期的な医師の診察が必要だったんですが、高瀬先生は、アンプルールの不安定部分をBCDACという物質で包み込むよう解消し、新安定型ハイドロキノンを開発しました。

肌に優しく、敏感肌の人にでも安心して使用できるようになったんです

 

アンプルールのシミ取り効果は、かなり優秀すぎるといっても過言ではありません。
私もアンプルールでシミ解消を夢見て使用していた一人なんです。
頬がシミだらけだったんです。

 

 

しかし、アンプルールを継続使用をしていく事で、シミは解消されてきています。
ここまでシミが薄くなるなんて夢にも思っていませんでしたから。

 


まだうっすらシミは残っていますが、まだまだ使用を継続していくので、1年後位にはシミはしっかり消えるのではないかとワクワク♪して使用を継続している所です。

 

 

アンプルールはここまでシミ取り効果があるんですよ?
シミに悩んでいるのであれば、アンプルールを使ってみたらどうでしょうか??
きっと悩みは解消されるんです。

 

 

しかし!!!アンプルールはシワやほうれい線には効果は期待できないようです。
まぁ、アンプルールはほうれい線には効果がないかときかれれば少しは効くかもしれませんが、ぶっちゃけ弱いですね。

 

 

 

アンプルールはほうれい線に効果なし?

私は最初アンプルールを使用していて気になったのは保湿力の弱さです。

 

 

アンプルールに配合されているハイドロキノンは強い成分。ビタミンCやアルブチンの100倍もの美白効果がある有効成分が配合されています。しかし、アンプルールのハイドロキノンは新安定型に改良されているし、保湿成分もしっかり配合されているんですが、やっぱり乾燥肌の私には保湿力が弱いなという感覚でした。

 

 

エイジングケアの基本で覚えておくと良い事としては、30代以降肌のセラミドは減少していき、肌は乾燥していきます。私たちの肌の潤いは、

  1. 皮脂
  2. 角質細胞間脂質
  3. 天然保湿因子

 

この3つで肌の潤いって保たれているんです。

 

約80%以上は角質細胞間脂質(セラミド)が肌の水分を保っているんですが、加齢とともにこのセラミドが減って乾燥していく事をほおっておくからシワやほうれい線が目立って加齢とともに老けこんでいくんですね。

 

 

アンプルールには肌を表面だけ保湿する成分は配合されていますが、肌を根本的な所のセラミドを量産する力はありませんから、ほうれい線やシワを解消するという事を考るとアンプルールでほうれい線解消、シワ解消は難しいと言えます。

 

 

ほうれい線やシワを解消したいという事であれば、セラミドを量産して肌内部の水分保持機能を改善していく有効成分が配合されている米肌を使用すると肌は潤いとハリが改善されていくでしょう。

 

 

 

 

 

ちなみに私は、アンプルールのトライアルセットを使用してから、保湿が足りないなと感じたのでアンプルールはライン使いせずに

 

 

米肌化粧水、アンプルールスポット集中美容液のラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110、米肌クリームを使用しています。

 

 

この使い方でエイジングケアはばっちりだし、シミ対策も万全にできているのでハイドロキノンの副作用の乾燥なんてへでもありません。肌トラブルも一切出た事はありません。

 

 

シミを一点集中しつつ、ほうれい線やシワも解消したいのであれば

  • 米肌化粧水
  • 米肌クリーム
  • アンプルールシミスポット集中美容液のラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110

 

顔全体の美白ケアをしていきたいのであれば

  • アンプルール化粧水
  • アンプルール美容液
  • 米肌クリーム

 

など、米肌の肌の水分保持機能改善効果があるライスパワーの力を借りて保湿もしつつ、アンプルールで美白、シミ対策していくとほうれい線やシワが解消されるし、アンプルールのハイドロキノンの副作用もなく安心してシミ・美白対策していけるので、エイジングケアはバッチリという事になります^^

 

 

 

まとめ

アンプルールは保湿に弱いと言いましたが、あくまでも個人的な感想なので参考までにしてください。
そして、アンプルールを使用していく上で、乾燥したり肌荒れしたりする人が一部いるのですが、それはアンプルールに配合されているハイドロキノンによる副作用の乾燥が原因なんです。

 

 

 

アンプルールを使用して乾燥するなと感じたら、すぐに手持ちの保湿化粧品で保湿してあげると肌トラブルは一切起きません。乾燥している事に気づいて放置しているから肌荒れしたり痒みが出たりしてしまうんです。

 

 

私は米肌とアンプルールを使用していますが、副作用で肌荒れした事ありませんし、むしろ肌綺麗のなったと周りに褒められるような肌になっています

 

 

要は使い方をしっかりしていればアンプルールでシミ、美白対策もできるし、ほうれい線も解消したいという事であれば肌のセラミドを量産してくれる有効成分配合の化粧品を使用していくといいですよという話です。

 

 

 

 

参考になればうれしいです。
最後まで読んでいただきありがとうございます(*´∨`*)

 

 

 

まずは、使った事が無い人はお試しトライアルセットから購入して肌に合う合わないを試してみるといいですよ。

 

アンプルール(シミ・美白対策) 米肌(乾燥、ほうれい線、シワ対策)

 

→アンプルール公式サイトはこちら

→米肌公式サイトはこちら

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

page top